正しいシャンプーの仕方をマスターしましょう

女性の薄毛の悩み

意外と知られていない頭皮ケアのテクニック > シャンプーの仕方と乾かし方

シャンプーって毎日するものですが、きちんと正しい方法でしていますか? 毎日洗ってるから大丈夫だろうと適当にしていると抜け毛や薄毛の原因になります。 ここでは正しいシャンプーと乾かし方の方法を紹介します。

まず、手ぐしで髪をすすいだら、シャンプーを手のひらに適量とり泡立てます。 髪に直接シャンプー剤をつけてゴシゴシ泡立てると、余計な摩擦が生じ頭皮の負担になります。 次に指の腹を頭皮に密着させて動かしますが、襟足から徐々に上に向かって頭皮をマッサージするように洗います。 襟足→後頭部→側頭部→頭頂部→前頭部→生え際の順に洗いましょう。

指先で洗うとツメで頭皮を傷つけてしまうので気をつけましょう。 十分に洗えたら毛の流れに逆うようにすすぎましょう。 シャワーは下から上に向けて、髪の毛の流れに逆らうように流します。 くれぐれもシャンプーが頭皮に残らないようにしましょう。

シャンプー&リンスまたはトリートメントが終わったら綺麗に洗い流しタオルドライをしましょう。 タオルドライをきちんとすると、ドライヤーを使う時間を短縮できて、それだけ髪へのダメージを軽減することになります。 手のひらで髪の毛をはさみ毛先の水をきったら、乾いたタオルで髪をはさみこむようにポンポンと優しく拭きとります。 ゴシゴシこすると、水分を含んでやわらかくなったキューティクルが傷つくので絶対にやめましょう。

ドライヤーは10~20cm離して、乾きにくい髪の毛の根元から風をあてるようにします。 温風と冷風を交互に使うことで、キューティクルが閉じて保湿を高め、髪の毛がまとまりやすくなります。 ドライヤーのノズルは、余計な部分に熱風をあてないようにするためについているので、外さず使いましょう。 ロングの人は立ち上げるように風をあてて乾かします。 こうしておくと、セットするときもボリュームをだしやすくなります。 乾かし残しやすい後頭部までしっかりと乾かしましょう。