あなたのシャンプーはどれですか??/div>

女性の薄毛の悩み

シャンプーとひとことで言っても実際は種類があります。 日頃使っているシャンプーはどれになるのかちょっとチェックしてみましょう。

【アミノ酸系】 特徴としては、アミノ酸から作られる合成界面活性剤です。 合成と天然のものがあり、天然のものはアレルギー体質の人、頭皮トラブルがある人向きです。 頭皮への負担や刺激は少ないですが、時間をかけて丁寧に洗うことが必要です。 洗浄力は、やや弱いです。

【高級アルコール系】 特徴としては、市販のシャンプーでもっとも多く、鉱物油や動植物油脂などから作られる合成界面活性剤です。 弱酸性のものがおすすめです。 天然系と石油系があり、石油系は皮膚や髪に対する刺激が強いので肌の弱い人には不向きです。 また泡立ちがいいのが特徴ですが、地肌に残るとトラブルを起こしやすいので、よく洗い流すことが必要です。 洗浄力は高いです。

【せっけん系】 特徴としては、脂肪酸ナトリウムなどから作られる合成界面活性剤です。 肌への刺激は、頭皮への刺激は弱いです。 アルカリ性のため髪を膨潤させ、パサつきやきしみを誘発するので、髪の長い人には不向きです。 洗浄力は高く毛穴の汚れまでしっかり落ちますが、せっけんカスが頭皮や髪に残りやすいのでよく洗い流すことが必要です。