あなたはどのタイプ?

女性の薄毛の悩み

意外と知られていない頭皮ケアのテクニック > あなたの抜け毛のタイプは?

抜け毛にはタイプがあります。 自分がどのタイプの抜け毛なのか知っておくことも大切な事です。

【びまん性脱毛症】 女性の薄毛でもっとも多いタイプです。 生え際が後退するのではなく、頭髪全体が薄くなり、脱毛部分の境界がはっきりしません。原因は老化、ストレス、極端なダイエット、誤ったヘアケアなど要因はさまざまです。

【分娩後脱毛症】 妊娠後期には女性ホルモンが増加し抜け毛が減少します。 このときの頭髪は成長期を維持している状態です。 しかし、出産後のホルモンバランスの変動により、成長期を維持してきた毛髪が、一斉に 休止期に入ってしまうため毛が抜けるのです。

【牽引性脱毛症】 長期間、髪をきつく縛ることで頭皮の決まった部分に負担がかかり、その部分だけ抜け毛になることです。 分け目や強く引っぱる部分に起こり、ポニーテール脱毛といわれることもあります。

【円形脱毛症】 自分の毛根を敵と勘違いしリンパ球が毛根を攻撃する自己免疫疾患の一種です。 ストレスとの関係があるいわれることもありますが、科学的な根拠はいまのところありません。 保険診療になるケースとならないケースがあります。

【脂漏性脱毛症】 皮脂の過剰分泌により、頭皮に炎症が生じて起こる脱毛です。 対処法としては、脂質の少ない食生活に変える、正しいシャンプーを心がける、頭皮を清潔に保つなどです。 皮膚炎として診断された場合は保険診療になります。

【ひこう性脱毛症】 フケが毛穴をふさぐことで炎症などが起き、髪が成長できなくなった状態です。 シャンプーのし過ぎによる皮脂のとり過ぎが大きな原因です。 皮膚炎として診断された場合は保険診療の対象になります。