女性ホルモンは働き者

女性の薄毛の悩み

意外と知られていない頭皮ケアのテクニック > 女性ホルモンと薄毛の関係

女性ホルモンとは卵巣から分泌されるホルモンで、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。 その分泌量は30代を境に減少していきます。 これは誰しもが避けられない加齢変化なのです。

【20代】 女性ホルモン分泌量の頂点に向かう20代は髪の状態もとても良好です。 髪のハリやコシ、量の多さはピークです。 ただし、質や量には個人差がありますので、白髪がでてくる人もいます。 俗に言う若白髪ですね。

【30代】 徐々に髪の毛に波打ったようなうねりがでてくるようになります。 20代はきれいなストレートヘアだったのになんだか最近くせ毛になってしまったという人がいます。 これは髪が肌と同じように乾燥しやすくなり、空気中の水分を含んでしまうためで、指通りの悪さを感じることになります。 このことからも髪と肌の加齢は同じということが理解できますね。

【40~50代】 更年期前後には髪質が低下していきます。 閉経後にはそれが顕著になり、薄毛が目立ってくることもあります。 また、白髪が増えたり、急に目立ってくる人も多い年齢です。

【60代以降】 髪の加齢変化は顕著になり、頭皮の乾燥が加速します。 薄毛が気になり始める人もいるが、健常毛の状態をキープする人もいます。