秋は抜け毛が増える季節です

女性の薄毛の悩み

春から夏にかけての暑い時期は、帽子や日傘で紫外線から頭皮を守りましょう。 頭皮の紫外線対策としては、外出するときには帽子をかぶったり、日傘を使うようにしましょう。 帽子は木綿の素材や麦わら帽子など、通気性のよいものを選んびます。

でも、いくら風通しがよいからといってかぶりっぱなしはダメです。 汗で濡れたままにすると常在菌を繁殖させることになり、においの原因にもなります。 仕事柄ヘルメットをかぶらざるを得ない人は、頭皮が蒸れ過ぎて頭皮のトラブルを抱えることが多くなります。 室内では帽子をとり、頭皮が湿った状態を長時間続けないようにしましょう。 頭皮の保湿対策は大切ですが、必要以上に頭皮が湿潤になると、皮膚のバリア機能が低下します。 また、帽子による摩擦の負担が頭皮に悪影響を及ぼすこともあるのです。

抜け毛が増えるのは実は秋口です。 これは夏の紫外線によって髪の毛がダメージを受けたことがひとつの理由です。 もともと動物は夏毛から冬毛に生え変わるものも多く、この時期は毛が抜けやすくなります。 こうした生物学的なことも関係していると思われます。 この生物学的な抜け毛とは違う抜け毛の場合が問題です。

頭皮が硬いと抜け毛になりやすいとも言われています。 加齢とともに頭皮が硬くなる傾向にあります。 でも、頭皮が硬くなったから抜け毛が増えたという因果関係は強いとはいえません。 もちろん、つっぱり感がないほうが頭皮の血行がいいので、頭皮をほぐすことは髪の毛にプラスになります。

髪が細くボリュームもない……将来薄毛になるのでは・・・と不安な方もいるでしょう。 髪の毛が細いからといって必ずしも抜け毛になるとは限りません。 髪の毛が細い分、太い人よりもパリやコシがなくなるなど、といった症状はでやすくなるといえます。