薄毛かな?と思ったら頭皮チェックをしましょう

女性の薄毛の悩み

意外と知られていない頭皮ケアのテクニック > 男性の薄毛のタイプと頭皮チェック

男性型脱毛症には脱毛の進行パターンがあります。 額の生え際から後退していくパターン、頭頂部から薄くなっていくパターン、前頭部から薄くなっていくパターン、あるいはこれらの混合型のパターンがあります。

原因としては、DHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンが姿を変えたもので、これが増えて髪の毛を作るもとを攻撃することで脱毛になると言われています。 毛球部がこの攻撃に耐えられない場合は、髪の毛が細く弱々しい軟毛になり、薄くなったと感じるようになります。 攻撃に耐えられる場合は、太くコシのある硬毛をキープできるのです。 治療法には、塗り薬と飲み薬があります。

最近ちょっと薄毛になったかな?と思ったら頭皮チェックをしてみるのもいいですね。 健康な頭皮は、頭皮環境がいい状態で、色は青白く、毛穴のつまりや余分な皮脂がない良好な状態です。 髪の毛そのものもはリやコシがありとても元気です。 一方、不健康な頭皮は、頭皮環境がよくない状態ですので、毛穴に余分な皮脂や汚れが付着していることが多いです。頭皮が赤っぽくなっているのは炎症が起きている証拠です。

薄毛や抜け毛の処方箋としてブラッシングがあります。 ブラシをゆっくり頭のカーブにあわせてブラシは頭皮に強く押しつけないように、頭の丸みにあわせておろします。 ブラシを速く動かすとキューティクルを傷つけたり、髪がもつれたりする原因になるので、時間がないときでも、ゆっくり動かすことが大切です。